組 織
海外交流センター
特色

海外派遣や外国人研究者受け入れなどの国際的人事交流を通し、世界で活躍できる人材の育成を目指します。また海外から訪問する医療スタッフのニーズに応え、快適で有意義な滞在をサポートします。

組織体制

センター長のもとに副センター長、臨床助教1名、国際コーディネーター2名、 事務2名を配置しています。

業務内容
  • 海外相互訪問・人事交流の企画・調整
    海外の大学・医療施設への人材派遣や受け入れ
  • 医師・技術研究者の受け入れ
    海外医師・技術者の受け入れ、研修プログラムの実施
  • 国際共同研究の調整・支援
    海外医療施設との遠隔研究交流を支援
  • 部局間協定の推進・評価
    国際的な人事交流や共同研究に関する規定の策定
  • 海外交流関連事務処理の支援
    ビザ取得、宿舎予約、旅費や謝金の支払い手続きなど
  • 院内国際交流窓口の一本化
アジア遠隔医療開発センター
特色

アジアを中心に世界各国の医療機関との間に構築された研究教育用の超高速インターネットを活用し、国際的な遠隔医療教育の中心としての役割を果たします。

組織体制

センター長のもとに副センター長、助教1名、特任助教1名、学術研究員1名、技術スタッフ2名、国際コーディネーター3名を配置しています。

業務内容
  • 日本の先端的医療技術の発信
    早期胃がん診断等日本の先端技術を海外へ発信
  • 国際遠隔教育プログラムの企画
    世界各国の状況を踏まえ魅力的な教育プログラムを企画
  • 各国担当者との調整
    国際コーディネーターによる各国間の連絡・調整
  • プログラムの実施と評価
    継続的かつ発展性のあるプログラムを実施
  • 遠隔医療システムの改良・開発
    世界中の医療機関と映像音声の双方向接続を実現
  • 他施設・他国への技術指導
    施設間の技術格差を埋め、効率的な接続を実現
  • 国際組織の事務局、連携
    アジア太平洋地区における遠隔医療教育の中心的存在
  • 領域横断的セミナーの定期開催
    国際的な人的ネットワークの構築を促進
国際診療支援センター
特色

①海外の外国人、②海外の日本人、③国内の外国人、と定義する「国際患者」に対して、日本の先進的医療を適正かつ迅速に提供し、アジアにおける先進的医療拠点として、国際貢献を果たします。

組織体制

センター長のもとに副センター長、臨床助教1名、通訳2名(英語1名、中国語1名)、事務2名を配置しています。

業務内容
  • 国際患者の受け入れのための連絡及び調整
  • 国立大学病院国際医療連携ネットワーク事務局活動
  • 福岡県・市、医師会等の医療国際化活動との協働
  • 厚生労働省「外国人患者受け入れ環境整備事業の医療通訳拠点病院」活動
  • 海外交流関連事務処理の支援
具体的な業務

・窓口ホームページからの国際患者受け入れ相談
・国際患者の受け入れ前評価
・国際患者の受け入れ先医療施設の検討
・受け入れ医療施設、診療科等との連絡・調整
・福岡県・市が設置する「福岡アジア医療サポートセンター」との連携
・海外患者コーディネート企業との連絡・調整
・通訳・翻訳業務(専任とボランティア含む)
・地域の国際拠点病院化、自治体各種委員会などへの参加
・感染症対策の窓口
・外国人診療諸問題の対応